肛門の病気

診察の相談

脱腸とは、大腸の一部が鼠径部周辺の筋膜を突き抜けて皮膚に下に出てしまう症状です。治療法としては手術で治すしかなく、人工の膜を張り、大腸を元に戻し、再び突出することがないようにします。 直脱腸は痔と間違われることの多い病気ですが、痔と違い痛みがありません。直腸が肛門から突出してしまう病気です。骨盤の筋肉や組織が緩んで直腸が下垂し、肛門括約筋の働きが弱くなり、肛門から直腸が出てしまいます。 直脱腸も手術で治療します。体に負担がかからないように、肛門での手術があります。これは直腸を縫い縮めて中におさめ、肛門をナイロンなどの糸で引き絞る手術です。開腹手術の場合は、腸の切除を行う場合と、腸を骨盤に固定する方法があります。

脱腸は基本的には外科で診療が行われます。直脱腸は医師が診ればすぐにわかるので、肛門科を受診しても、痔と間違えられることはなく、治療を受けることができます。 直脱腸は中年以降の女性に多く、また、男女を通じて高齢者に多くみられます。筋肉の衰えや肛門括約筋の衰えなどが原因で発症します。 大きな病院の外科や、一般開業の肛門科などを受診し、痔なのか直脱腸なのか診察してもらいます。手術がいやな場合には、直腸を押し込み、ベルトなどで固定する方式もあります。完全に治癒を望む場合は手術を行います。高齢者が多いこともあり、肛門からの手術で、負担の少ないものが多く行われます。まれに、突出部分が大きい場合には、腸を切除することもあります。